月別アーカイブ: 2013年9月

コラム「コーディネーターがコミュニティを変える」

こんにちは、代表の呉です。

最近「コーディネート力」の重要性を感じます。
良いチーム、良いコミュニティをつくっていこうと思ったら、やはり「人」と
「組織」のマネジメントになります。

人をリクルートし(「一緒にやらない?」)、ミーティングに集め(「ミーティング
来ない?」)、ちゃんとアジェンダを立て(生産性の高いミーティングを目指して
気持ち込める!)、ミーティングをファシリテーションして(参加型の対話の場・
機会をつくる)、飲んで語らい(相互理解を深める、「いや~、◯◯くんいいね~!」)、
メールやSNS(facebookなど)でコミュニケーションを取りながら楽しく熱く作業を
遂行し、協働体験をつくっていく。

コーディネーターに求められるスキルは、ひとえに「コミュニケーション能力」と「人間力」でしょう。
コミュニケーションを通して、一人ひとりを活かし、「生産的な仕事を通じて、
働く人たちに成果をあげさせなければならない」(byP.F.ドラッカー)のです。
コーディネートがうまく機能すれば、良いチーム、良いコミュニティが生まれていきます。

しかし、これは実は誰もがすぐにできることではないのかもしれない、と最近感じます。

ファシリテーションやコーチングと一緒で、プレイヤーの気持ちが理解できなければ、
スキル偏重で終わり、結局人の心は動かせません。変化が起きません。

コーディネーターもコミュニケーション能力は不可欠ですが、やはり自分がプレイヤー
として/スタッフとして、さらに言うと、代表として/コミュニティリーダーとして/
プロジェクトリーダーとしてやってきた経験なくして良いコーディネートはできない
気がします。

つまり、「プレイヤー経験」「リーダー経験」が必要だと思うのです。
そして、「プレイヤーの気持ち」「リーダーの気持ち」がわかるということが大切だと思うのです。
そこの多量な経験と四苦八苦(必ずしも苦しまなくてもいいのですが・笑)がある
からこそ、チームやプロジェクトのマネジメントの勘所がわかるようになり、
「いつ」「何を」支援しなくてはならないのかが瞬時にわかります。
スタッフやリーダーの気持ちがわかるからこそ、絶妙なコミュニケーションが
できるようになるのです。

コミュニティマネジメントに必要なのは間違いなくコーディネート力です。
多様な価値観・バックグラウンドのボランティアスタッフをコミュニケーションで
つなぎ合わせ、チーム・場をつくってそこに集合をかけ、対話の場を設定し、お互い
にコミュニケーションを取りながら、チームで事を成していく。

権限(課長である)とお金(給与)で人が動きにくくなった昨今、企業でも対話が
重視されはじめ、人・対話・コミュニケーションをコーディネートできることが
とても大切になってきています。

ぜひ多くの人に「コーディネート力」を磨いていって欲しいと切に思います。
それが我々のコミュニティ支援の大きな柱の一つになると言っても過言ではないでしょう。

        (代表 呉哲煥)


 

【イベントのご案内】
10月20日(日)開催!
すべての人と組織をWINWINに
~Procject”CLC”15th~
『仲間と愛情で繋がる組織づくり』
ゲスト:NPO法人マドレボニータ代表 吉岡マコ氏
ダイアログで生まれる 人と組織の幸せなカタチ
http://www.crfactory.com/wp/clc01/


*****************************

☆コミュニティ運営支援ツール「コミュ助」絶賛販売中☆
コミュニティ運営に良い変化を起こすお助けツールです!
http://www.crfactory.com/tool/

☆無料!メールセミナー「7日間!コミュニティリーダーへの道」☆
コミュニティ運営に欠かせない 7つの重要ポイントを7日間でメールでお届け!
http://www.crfactory.com/mailseminar.php

☆無料!動画セミナー「明日から使えるコミュニティマネジメントスキル」
主要なコミュニティマネジメント項目を動画でお届け
http://www.crfactory.com/movie.php

*NPO法人CRファクトリー*
~すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会を!~
http://www.crfactory.com

コラム「つまらない作業こそ、みんなで楽しく」

こんにちは! コンサルタントの五井渕です。
先日、スタッフ数人で集まって、とってもつまらない作業(四時間ひたすらデータを打ち込み続ける)をがんばりました。苦悶や溜息を漏らしながらも、みんなでお喋りを楽しみながら。
つまらない作業こそ、みんなで楽しくやるというのが、CRファクトリーの数ある文化の一つです。

これは以前にもコラムで触れたことですが、ボランタリー(自主的・無給)なスタッフで構成されるコミュニティでは、人それぞれの時間差・温度差を受け入れながら日々の運営が行われます。
ボランタリーなスタッフには、「お金をもらっているから仕事としてガマンできる」というブレーキはありません。
動機や思い、きっかけ、非金銭的報酬はスタッフそれぞれに違いますが、「やりたいこと」なのに「楽しくない」という状態が、意欲を下げる要因になってしまう場面もかなりあります(コミュニティに限らず、ですが。経験ありませんか?)。

誰でもできる単純作業だからと言って、誰かひとりに担当として任せきってしまうことは、その人のやる気を損なってしまう危険性があると考えています。けれど、ひとりだとつまらない作業も、みんなでやれば楽しくできてしまうものです。
そういう理由で、データ入力などの単純作業や、イベント前の物品準備の際は、なるべく複数人で集まってお喋りしながら、楽しく一気にやるようにしています(そしてその後は飲み会やお茶会を)。

団体にとっては、ボランタリーなスタッフの働きはとてもありがたいものです。一方で、自主性に甘えすぎない、互いに尊重しあえるような仕組みや姿勢が必要です。
スタッフは命令で動く歯車ではなく、ともに進む仲間であり、関係性の継続の鍵は「一緒に楽しむ」ことだと考えています。

    (コンサルタント 五井渕 利明)


【セミナーのご案内】
「コミュニティマネジメントセミナー」
■成果の出せる熱いチームをつくる6つの秘訣■
~団体の運営に必要な「型」をインストールする~
日時:
2013年9月28日(土)10:00~12:30
(※すべて同じ内容です)
場所:株式会社エンパブリック 根津スタジオ
参加費:3000円(学生2000円)
詳細はこちら⇒http://www.crfactory.com/wp/cms1/

【イベントのご案内】
10月20日(日)開催!
すべての人と組織をWINWINに
~Procject”CLC”15th~
『仲間と愛情で繋がる組織づくり』
ゲスト:NPO法人マドレボニータ代表 吉岡マコ氏
ダイアログで生まれる 人と組織の幸せなカタチ
http://www.crfactory.com/wp/clc01/

*****************************

☆コミュニティ運営支援ツール「コミュ助」絶賛販売中☆
コミュニティ運営に良い変化を起こすお助けツールです!
http://www.crfactory.com/tool/

☆無料!メールセミナー「7日間!コミュニティリーダーへの道」☆
コミュニティ運営に欠かせない 7つの重要ポイントを7日間でメールでお届け!
http://www.crfactory.com/mailseminar.php

☆無料!動画セミナー「明日から使えるコミュニティマネジメントスキル」
主要なコミュニティマネジメント項目を動画でお届け
http://www.crfactory.com/movie.php

*NPO法人CRファクトリー*
~すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会を!~
http://www.crfactory.com

コラム「年間計画の重要性」

こんにちは、代表の呉です。

みなさんの団体やコミュニティには「年間計画」はありますか?
「年間計画」はとても重要です。
特に「ボランタリーなメンバー」で構成された「チーム」にとっては、とってもとっても重要です。

コミュニティ運営支援ツール「コミュ助」や「コミュニティマネジメントセミナー」
でも伝えているノウハウですが、「年間計画」が有効・有意義なのは以下の2点です。

①年間計画は「灯台」
我々人間は機械と違って「意味」が重要です。
「我々は何のためにやっていて(目的)、どこに向かっているのか(ゴール)」を
感じられるかどうかはモチベーションに大きく影響してきます。

忙しい日々の中や、目の前の業務・タスクに一生懸命になる中で、「何のために
やっていて、どこに向かっているのか」をすぐに(灯台のように)思い出せること
はとても重要です。

今年の「重点強化方針」や「ゴール」を明文化しましょう!

②年間計画は「エスカレーター」
ボランタリーなメンバーで本業を持ちながらやっている以上、ずっと団体・活動の
ことだけを考えていることは難しく、意識が薄れてしまうこともあります。
人間ですからコンディションや気分にムラが出てしまうこともあります。

また、頻度高く会って情報共有したり議論できないことも多く、都度都度「考えて」
「議論して」「決める」というのはとても大変で不安定です。もしミーティングが
うまく開催されなければ、それで活動は止まってしまいかねません。そうなると
「まぁ、やらなくてもいいか・・・」と易(やす)きに流れる結果となります。

年間の「やること」や「カレンダー」を決めておけば、自ずとそれがリマインダー
(ものごとを思い出させてくれるもの)となって、人やものごとが動いていきます。
10月◯日に「秋の□□フェスタをやる」とか、12月◯日に「年間活動の振返り
ミーティングをやる」などと決めておけば、メンバーの意識がそこに向いてとても
実現がしやすくなります。
(もし状況的に実現が難しければ、そのときに延期や中止をすれば良いのです。
仮でも良いから決めておくことが大切です。)

年間計画は「エスカレーター」。常にみんなが走り続けないと動かないシステムは
サステナブル(持続可能的)ではありません。
年間計画というエスカレーターを設置し、スタッフのコミットメントのムラや流動性
があったとしても最低限動いていくだけの基盤を整えましょう。

そして、それ(年間計画)を「みんなでつくる」というのがとても重要です!
それについてはまたの機会にお話したいと思います。^^

↓↓↓CRファクトリーが2001年からやっている「DCT交流勉強会」の
年間計画を参考までに載せておきます。
12年目を迎える異業種交流の勉強会で、会社員・フリーランス・経営者・学生
など様々な方が参加しています。

【参考:DCT交流勉強会の年間計画(カレンダーのみ)】
[活動カレンダー]
4月 7日 お花見★
4月20日 定例勉強会
5月25日 定例勉強会
6月 8日 BBQ★
6月29日 定例勉強会
7月27日 定例勉強会
7月 某日 女子会★
8月31日 12周年勉強会&パーティー
9月 8日 動物園
9月28日 定例勉強会
10月26日 定例勉強会
11月30日 工場見学
12月14日 クリスマス料理大会
12月28日 忘年会★
1月19日 もちつき大会★
1月25日 定例勉強会
2月22日 定例勉強会
3月29日 キャリアトークセッション
★:定例勉強会以外のコミュニティ内レジャーイベント

[ミーティング&スタッフ行事カレンダー]
5月17日 スタッフ飲み会
7月 某日 花火大会or屋形船
9月28日 キャリア振返りワークショップ
10月26日 上半期振返りMTG
2月22日 ドリームミーティング(振返り)
3月29日 ドリームミーティング(立案)
※ドリームミーティング:次年度年間計画立案会議

あぁ、DCT交流勉強会だけで一年大忙しです(笑)。
具体的な日付「◯月◯日」と、担当者・幹事「◯◯さん」を決めておくのが
実現可能性を高めるポイントです。^^

(代表 呉 哲煥)

【セミナーのご案内】
「コミュニティマネジメントセミナー」
■成果の出せる熱いチームをつくる6つの秘訣■
~団体の運営に必要な「型」をインストールする~
日時:
2013年9月28日(土)10:00~12:30
(※すべて同じ内容です)
場所:株式会社エンパブリック 根津スタジオ
参加費:3000円(学生2000円)
詳細はこちら⇒http://www.crfactory.com/wp/cms1/

【イベントのご案内】
10月20日(日)開催!
すべての人と組織をWINWINに
~Procject”CLC”15th~
『仲間と愛情で繋がる組織づくり』
ゲスト:NPO法人マドレボニータ代表 吉岡マコ氏
ダイアログで生まれる 人と組織の幸せなカタチ
http://www.crfactory.com/wp/clc01/

*****************************

☆コミュニティ運営支援ツール「コミュ助」絶賛販売中☆
コミュニティ運営に良い変化を起こすお助けツールです!
http://www.crfactory.com/tool/

☆無料!メールセミナー「7日間!コミュニティリーダーへの道」☆
コミュニティ運営に欠かせない 7つの重要ポイントを7日間でメールでお届け!
http://www.crfactory.com/mailseminar.php

☆無料!動画セミナー「明日から使えるコミュニティマネジメントスキル」
主要なコミュニティマネジメント項目を動画でお届け
http://www.crfactory.com/movie.php

*NPO法人CRファクトリー*
~すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会を!~
http://www.crfactory.com

*****************************

コラム「ファシリテーションに「常の解」は無い」

こんにちは! コンサルタントの五井渕です。
今回のコラムは、すっかり用語が一般化しつつある「ファシリテーション」についてです。

ありがたいことにこれまで何度となく人前に立つ機会をいただき、セミナーや講演、ワークショップなどの経験を積んできました。
思い出すと今でも痛く恥ずかしくなるような失敗も重ねてきましたし、その場の熱量や一体感がぐっと高まるような瞬間に立ち会うこともありました。

依然未熟者ではありますが、これまでの体感を通して思うのは、場をつくる、ファシリテーションをすることに「常の解」は無い、ということです。
どんな場でも通用する、というスキルやノウハウは無いと考えています。
その日その時によって、状況や設定は常に違うものだからです。
会場、テーマ、方法、参加する人、自身のコンディションまで、完全再現が可能という場はありえません。

とは言え人前に立つ時には、場の満足度・達成値を高めるということが常にミッションとしてあります。
正解は無いながらも(主に失敗体験から学んだこととして)、そのために私が心がけていることは、大きく分けると3つになります。

◆状況や相手を見ながら常にチューニングする
場の状況は常に違ったものであると同時に、刻一刻と変化するものだと思います。それには挙げれば切りのないほどの要素が影響します。
参加者の疲れ具合、会場の温度や湿度、演者のコンディション、スタッフの振る舞い、グループメンバーの相性、休憩の長さやタイミング、発せられた言葉のひとつひとつ、などなど・・・。
あらかじめ用意された想定や進行に固執することは、結果的に満足度を損なう可能性があります。
ファシリテーターは常に高くアンテナを立て、状況の変化に向き合って対応することが求められます。
変化に慌てず、変化を楽しみながら立ち回れるようにしたいものです。

◆「自分自身」で立ち回る
状況にいくら応じようとしても、数十年積み重ねてきた自分の個性を急に根元から変えることはできません。喋り方、動き方、声質、人相。
リアルタイムで変化する多くの要素の中で、実は最も変わらないのは自分自身のキャラクターです。
無理にやりにくい振る舞いでぎこちなさを感じさせてしまうよりは、地に足をつけて自然体で立ち回ることの方が、結果的には質の高いものになると身に染みています。
特に参加者の言葉に共感を覚えた時などは、なるべくまっすぐにそれを表現するようにしています。
ポジティブな心の動きを正直に出すことは、場に良い作用を与えることになると考えているからです。

◆ゴールを見据える
この場のゴールが何なのか、ということが最も基本的で最も重要なことです。
セミナー・講演・ワークショップの型やテーマ、演者の強みやこだわりも、あくまで場を構成する要素、材料に過ぎません。他者からの評価に意識が向いてしまう時は特に危険です。
参加者の方々にどんなものを持ち帰ってもらう場なのか、というゴールを常に見失わないように心がけています。
事前にゴールを念入りに確認し、進行中も常に意識し続けることが重要だと考えています。


CRファクトリーでインターンをしてくれている学生に、時々コツを教えてほしいと言われることがあります。その度に答えています。ファシリテーションにコツなんてない、と(笑)。
正解は無く手探りだからこそ、楽しくやりがいがあるのがファシリテーションだとも感じています。
場数を踏む機会があることは貴重なことだと思い、常に真剣に場に向き合いながら、試行錯誤を続けていきたいところです。


(コンサルタント 五井渕 利明)

コラム「仲間の力」

こんにちは、代表の呉です。

最近とても仕事も人生も楽しいですね。
なぜ楽しいのか?
それはひとえに「仲間」がいるからなのだと感じています。

■一緒に何かを目指す仲間
■一緒に居て楽しい仲間

そんな「仲間の力」に促されて、否が応でも日々モチベーションが上がり、
充実していきます。
一人ではここまでは燃えられません。のめりこめません。

自分なりのセルフモチベートの技は備えているつもりですが、「仲間の力」
には到底かないません。
楽しく、わくわくし、心が踊るように仕事に向かえます。
これが一番のモチベーションマネジメントですし、「仲間の力」があると
本当にのめりこむことができます。事業・活動の推進力も上がります。

ボランタリーな人材が多いNPOや市民活動の場合、良いアイディアや計画が
あっても、結局「やる人がいない」「担い手がいない」「誰がやるの?」と
いうところで絵に描いた餅になってしまいがちです。
揶揄的に言うと画餅のオンパレードですね(苦笑)。

苦労と失敗をいっぱいいっぱい重ねながら、強く思うところは「NPO・市民活動には人材・組織マネジメントが足りない」ということです。
一人ひとりの「力・意欲」を引き出し、「チーム」にしながら、「推進力」高く
事業・活動を営んでいくこと。

そこのレベルを上げないと、「良さそうな企画」「良さそうなコンセプト」
「良さそうな計画」ばかりが生み出されては、実現しないままに消えていく
ことになります。

多くの「志」と「想い」がかたちになっていくために、
(大きく言えば)日本全体の市民力・コミュニティマネジメント力が上がって
行かないといけないと思っています。

そしてそれは単に事業・活動を推進し、社会の課題を解決し、
多くの「志」と「想い」をかたちにしていくだけでなく、
そこに関わる人の「成長」や「人生の充実」や「幸福」も実現してくれます。
私たちはもっともっと「非営利団体の人と組織のマネジメント」に対して影響力を
持って行きたい。
それが確実に良い社会につながっていくと確信を持っているからです。

(代表 呉 哲煥)


【セミナーのご案内】
「コミュニティマネジメントセミナー」
■成果の出せる熱いチームをつくる6つの秘訣■
~団体の運営に必要な「型」をインストールする~
日時:
2013年9月17日(火)19:30~22:00
2013年9月28日(土)10:00~12:30
(※すべて同じ内容です)
場所:株式会社エンパブリック 根津スタジオ
参加費:3000円(学生2000円)
詳細はこちら⇒http://crfactory.lolipop.jp/wp/cms0/

*****************************
☆コミュニティ運営支援ツール「コミュ助」絶賛販売中☆
コミュニティ運営に良い変化を起こすお助けツールです!
http://www.crfactory.com/tool/

☆無料!メールセミナー「7日間!コミュニティリーダーへの道」☆
コミュニティ運営に欠かせない 7つの重要ポイントを7日間でメールでお届け!
http://www.crfactory.com/mailseminar.php

*NPO法人CRファクトリー*
~すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会を!~
http://www.crfactory.com 
*****************************

コラム「ひとりきりで幸せになることは難しい」

こんにちは!コンサルタントの五井渕です。
これまでコラムでマネジメントの実践面のことをメインに書いてきましたが、今回は少し毛色の違ったお話を。

ひとりきりで幸せになることは難しい、けれど、ひとりきりで生きることは易しくなった、とも感じています。

交通機関・運搬技術の発達、収入を得る手段の多様化、匿名で膨大なコミュニケーションと情報収集が可能なインターネット、などなど。
いろいろな角度の論説があるところですが、昨今言われる「地縁コミュニティの弱体化」の原因のひとつは「便利になったこと」だと思います。
つまり、ご近所同士で、居住地の生活圏内で、リアルなつながりを重視せずに生活できるほど便利になった、ということです。
地縁にフォーカスをせずとも、様々な技術の発達と、それに伴う選択肢の多様化によって、ひとりきりで生活行動を済ませることのできる範囲が相当に大きくなりました。
日本中に交通網が張り巡らされ居住地に縛られることは少なくなり、通販でなんでも買い物できて、大きな組織や仕組みの中に籍を置かなくても収入を得られる手段があり、コミュニケーションと情報収集はインターネットを介してできる。

ひとりきりで生きられるほどに便利化・多様化が進みました。
 ただ、それってイコール幸せと言えるのでしょうか?
というのが、最近特に自分自身にも問うことです。
便利さを捨てるべき、という話ではありません。

人は他者との相互作用によって幸福を感じる部分が大きい、と考えています。

(そういった内容の先行研究は多く存在していて興味もありますが、まだあまり読み込んでいないので個人的な考えのみ書きます)

以前、CRファクトリーのスタッフ内でワークショップをした時のこと、「はたらくってなんだろう?」というテーマでディスカッションをしました。
お金を稼ぐこと? 他者と関係すること? 自分のやりたいことを続けること?
その中で生まれた問いのひとつに、こんなものがありました。
お金や生活には困ることのない、自らの才能を信じる芸術家が、イメージ通りのものを創り続け、しかし誰ひとりとして称賛も罵倒もしない。その生き方に、自分たちは耐えられるか? やりたいことを続けているから幸福であると言えるだろうか?
その場の全員が「ノー」という答えでした。少なくとも自分には耐えられない、と。
金銭や成果達成以外で、「はたらく」ということの先に、私たちは他者との相互作用を求めている、というのが、このディスカッションで得た気づきでした。

他者との相互作用、はたらきかけ合いによって得られるのは、見てほしい、評価してほしい、意見してほしい、という承認欲求を満たすことだけではありません。
自分のはたらきかけによって誰かに貢献できる、誰かが笑顔になるということは、私たちに意外に大きな喜びを与えてくれます。
同じ方向を見て真剣に進もうとすることで、時にぶつかり合いながらも互いに成長する中で、仲間としての関係性が生まれ、ともに過ごす時間は充足感を与えてくれます。
よりシンプルに言えば、「誰かのことを愛している」という状態は、自分自身も幸せです。

これは、他者がいるからこそ実感できることで、私たちの人生において、意外に大きな部分を占めています。
だからこそ、ひとりきりで幸せになることは難しい。

さらに言えば、目的や共通認識・テーマがあり、共にはたらきかけ合い、ここが居場所であると実感できる「コミュニティ」は、他者がいるからこその幸せを実感しやすい場だと考えています。
愛するコミュニティだからこそ、そこで共に相互作用している仲間とだからこそ、今が幸せだと胸を張って言える自分がいます。

「何を」以上に「誰と」を大事にできるのが、コミュニティの大きな意味なのではないでしょうか。

   (コンサルタント 五井渕利明)

【セミナーのご案内】
「コミュニティマネジメントセミナー」
■成果の出せる熱いチームをつくる6つの秘訣■
~団体の運営に必要な「型」をインストールする~
日時:
2013年9月17日(火)19:30~22:00
2013年9月28日(土)10:00~12:30
(※すべて同じ内容です)
場所:株式会社エンパブリック 根津スタジオ
参加費:3000円(学生2000円)
詳細はこちら⇒http://crfactory.lolipop.jp/wp/cms0/

*****************************
☆コミュニティ運営支援ツール「コミュ助」絶賛販売中☆
コミュニティ運営に良い変化を起こすお助けツールです!
http://www.crfactory.com/tool/

☆無料!メールセミナー「7日間!コミュニティリーダーへの道」☆
コミュニティ運営に欠かせない 7つの重要ポイントを7日間でメールでお届け!
http://www.crfactory.com/mailseminar.php

*NPO法人CRファクトリー*
~すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会を!~
http://www.crfactory.com 
*****************************

コラム「団体と個人のWINWIN」

こんにちは、代表の呉です。

3月23日(土)の「コミュニティフォーラム2013」には総勢186名の方が集まり、
大成功のうちに幕を閉じました。
ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

ご参加いただいた多くの方から「勉強になった」「学びが多かった」と言っていただき、
スタッフ一同とてもうれしい思いでいっぱいです。

一方で、裏を返せば、それだけ「団体と個人のWINWIN」を考えられていない/実践できて
いないことの証左とも言えなくありません。

事業成果を追い求めるあまりに「人が手段化」し、「団体WIN-個人LOSE」になって
しまっているところも多そうです。
それは中長期的に見れば「団体LOSE-個人LOSE」になるような気がします。

個人を大事にしようとするあまりに、大事な経営陣・コアスタッフの労力・工数が
多様なメンバーのマネジメント/コミュニケーションに割かれ、「団体LOSE-個人WIN」に
なってしまっているところもあります。
それは志が志だけで終わってしまい、事業推進力やスピードを失い、社会を変えたい想いが
永遠に夢想で終わることにもなりかねません。

「コミットメント」と「エンゲージメント」が高いスタッフからなる組織を志向することで、
「事業成果」と「個人の成長・幸福」の両方を実現していくという考え方は、これからます
ます重要になってくると確信します。

一人ひとりがいきいきとコミットしながら、団体として目的追求・事業成果もかなう組織を
いかにつくるのか。
これは我々がチャレンジし、多くの団体にノウハウを提供していく、最重要なテーマです。
CRファクトリーの実践と、そこから来るノウハウ提供に、今後ぜひご期待ください。

最後に、フォーラムでもお話したことですが、「人を大切にできる団体」になるために
本質的な重要なことは「トップが人を大切にするという考え方を持つこと」だと思います。

トップが「目的追求・事業成果」だけでなく、同じぐらいに「人の成長・幸福」を大切に
思いコミットできるかどうか。
「人を大切にしよう」とする考え方(パラダイム)、「団体と個人のWINWIN」を実現
しようとする考え方(パラダイム)を持たない限り、どんなノウハウややり方も焼け石に
水に終わることになるでしょう。

社会を変える志を持ちながら、「人」や「組織」を重要視するリーダーが増えることを
心から願いつつ、そういうリーダー育成や支援にこれからもチャレンジしつづけたいと
思います。

(代表 呉哲煥)

 

【セミナーのご案内】
「コミュニティマネジメントセミナー」
■成果の出せる熱いチームをつくる6つの秘訣■
~団体の運営に必要な「型」をインストールする~
日時:
2013年9月17日(火)19:30~22:00
2013年9月28日(土)10:00~12:30
(※すべて同じ内容です)
場所:株式会社エンパブリック 根津スタジオ
参加費:3000円(学生2000円)
詳細はこちら⇒http://crfactory.lolipop.jp/wp/cms0/

*****************************
☆コミュニティ運営支援ツール「コミュ助」絶賛販売中☆
コミュニティ運営に良い変化を起こすお助けツールです!
http://www.crfactory.com/tool/

☆無料!メールセミナー「7日間!コミュニティリーダーへの道」☆
コミュニティ運営に欠かせない 7つの重要ポイントを7日間でメールでお届け!
http://www.crfactory.com/mailseminar.php

*NPO法人CRファクトリー*
~すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会を!~
http://www.crfactory.com 
*****************************